キャンプライターと予備ライターをどうしよう?

キャンプライターと予備ライターをどうしよう?

こんにちは久しぶりのキャンプで小物を色々整理しているふじさんです。

SOTOスライドガストーチ

キャンプ用のメインライターはSOTOのスライドガストーチです。
キャンパー的にはこれほど便利なライターはなくとても有名です。重量は50gでした。


大きくもなく小さくもないボディですが・・・

伸びます

火もこの通り


ライター忘れる問題

こんな素晴らしいライターですが、いつも持ち歩くわけではないので忘れてしまうのです。
そこで予備用のライターをどうしようかと思ってまず思いつくのがこれです。


ちょっと大きいし

ジッポーを持っていこうと思ったのですが、ジッポーのオイルは当然放っておくと揮発していざ使おうと思った時には燃料切れ・・・。
そんなことにならないためにはキャンプに行く直前に燃料を入れておく!・・・ってそんなことができたらSOTOのライター忘れませんし。
それではということでオイルの予備と一緒にジッポーをキャンプ道具に入れるかというとなんか気持ち的にサイズが大きい気がする。


TRUE UTILITY ファイヤースタッシュ

そんなわけでたどり着いたライターがこれ。



小さいです

あけるとこんな感じ

キャップと本体の間にOリングがあるので揮発に強いです。まさに予備用。小さくて常用するにはちょっと不便ですが予備用なので小さい方が良いので目的にちょうど良いです。素晴らしい。
ちなみに3か月以上は燃料補給していませんが着火しました。ちなみに燃料を補給し重量を測ったら27gでした。



フリントも交換可能です


予備燃料タンク

予備燃料を市販の缶で持っていくのはちょっと大きいので小さい予備燃料タンクを探したところ、こんなものを見つけました。


全て英語なので日本版はないかも

この燃料ボトルの容量は8mlです。正確な容量は別として、ジッポー一回分、ZIPPO(ジッポー) ハンディウォーマーでいうと6時間分の燃料ということがパッケージ裏面の説明に書いてあります。


説明書(フリントホルダーとマイナスドライバーもついてます)

実際の商品の感じは下記の通りです。


大きさ確認

これくらいの分解具合です

キャップの裏側

揮発もしないようになっています。ちなみに重量は燃料満タンで42.6gです。


燃料について

ちょっとマニアックな話ですが、ZIPPOの燃料となっているライター用オイルについて、2006年までは重質ナフサを使用していたが、以降は合成イソパラフィン系炭化水素を主原料としたものに切り替わり、現在ライター用オイルとなっています。(wikipediaより)。
重質ナフサ及び合成イソパラフィン系炭化水素は危険物の等級で言うと第4類危険物第1石油類、現在のライター用オイルは第4類危険物第1石油類と第2石油類になっています。全体として第2石油類に移行していると思います。
1石と2石の引火点の違いは、1石が21℃未満、2石が21℃以上70℃未満となっています。つまり以前の燃料の方が低温環境に強いということになります。逆に言うと、現在のライター用オイルは低温環境にあまり強くないので気を付けましょう。


まとめ

ZIPPO一つで55g程度、予備用のライター+燃料で70g、さらにこの予備用は燃料の揮発があまりないこと、サイズを考えると良いのではないでしょうか。ただし低温環境に強くないので冬季キャンプや冬登山での予備としないように。